JavaScriptをonにしてご覧下さい。

truefitt-and-hill

royal-warrant

トゥルフィットアンドヒルの歴史

  • 写真1 写真2
    1805
    10/21
    ナポレオン率いるフランス・スペイン連合軍と、ネルソン提督率いる英国海軍が戦ったトラファルガーの海戦が繰り広げられた年。理髪士のフランシス・ウイリアム・トゥルフィットはロンドンのメイフェア地区に初のジェントルマンズサロンを開業。まもなくジョージ3世による英国王室御用達のウィッグメーカー、ヘアカッター、ヘッドドレッサーとして認定される。
    弟のピーターが加わり香水と化粧品の開発に着手。フランシスは香水の調合師としても才能を開花させる。
    1811
    トゥルフィットによるサロンでのサービスと化粧品は瞬く間に人気となり、オールドボンドストリートに2号店をオープン。フランシス・トゥルフィットは新ショップの運営のためにオールドボンドストリート店に勤務。
    1822
    さらに広い店舗を求めハノーバーストリートに移転。
    1823
    国王ジョージ4世が顧客となりますます繁盛する。創業者フランシスの息子、ピーター・トゥルフィットが新たにバーリントンアーケードに出店。 
    1826
    創業者フランシス、弟ピーターはオールドボンドストリート1番地、バーリントンアーケード39番地、バーリントンアーケード20―21番地の計3店舗を擁し、名声を得る。
    1831
    ピーターの息子ヘンリー・ポール・トゥルフィットが英国ヘアドレッサーをサポートする`The British Hairdresser’s Benevolent and Provident Institution”の援助を始める。 ウィリアム4世のパトロナージュが続く。
    1845
    2代目のヘンリー・ポールすなわちH.P. トゥルフィットが新たなヘアサロンをバーリントンアーケード25番地に開店。ビクトリア女王、アルバート王子やその他英国王室のファミリーが顧客となる。
    1858
    H.P.トゥルフィットが`The British Hairdresser’s Benevolent and Provident Institution”の会長に任命される。その後25年の長期にわたり会長を務める。
    1870
    H.P.トゥルフィットの、ビクトリア女王と王室のレディー達へのサービスが評判を呼び、ヘンリー・ポールは初のレディースサロンをオールドボンドストリート23番地に開店。瞬く間に成功を収める。
    1875
    トゥルフィットブランドの香水、ポマード、整髪料、その他化粧品の生産を開始。
    1878
    商業用目的として初のリップスティックを生産。
    1880
    ウェスト女史のもと、初のマニキュアと足トリートメントのサロン開く。
    1882
    H.P.トゥルフィットが“The Incorporated Guild of Hairdressers, Wigmakers and Perfumers(ヘアドレッサー、ウィッグメーカー、香水調合師の組合”を設立、初代会長となる。
  • 写真3 写真4
    1900
    C.A.R.ローションの生産を開始。このローションは車を乗り回す紳士の髪を撫で付けるために開発されたもので、今もベストセラーのひとつ。
    1905
    創業100周年をオールドボンドストリート13-14番地で迎える。
    エドワード7世が統治する時代であり、英国王室との関係は続く。
    1911
    3代目ウォルター・トゥルフィットが ニューボンドストリート 1番地にヘアサロンを閉店。
    1911
    エドウィン・ヒルが オールドボンドストリート23番地にヘアサロンをオープン。
    1916
    4月29日、ヘアドレッサーの年金受給を援助する “ウォルター・トゥルフィット慈善”を設立、同慈善事業は今日まで続いている。
    1922
    H.P.トゥルフィット、オールドボンドストリート16番地のより広い店舗に移転。
    1935
    H.P. トゥルフィットとエドウィン・ヒルは企業を合併させ、『Truefitt & Hill Ltd』を興す。同時に広い店舗を求めて オールドボンドストリート23番地に移る。
    1952
    Truefitt & Hill Ltd の会長 E.L. ギフォード氏が “Hairdressers Benevolent Fund”の会長に選任される。初代会長H.Pトゥルフィット退任後70年後のこと。
    1960
    ジェントルメンズサロンへの要望がさらに高まり、レディースサロンをクローズ。
    1962
    トゥルフィットが調合・開発したペンハリゴンレンジを売却。
    以降ペンハリゴンは別会社となる。
    1989
    アメリカ、シカゴに支店オープン。
    1993
    ロンドンの栄えある目抜き通り、セントジェームスストリート71番地に移転。
    1995
    Truefitt & Hillのオックスフォード支店勤務のリチャード・クラーク氏が「ヘアドレッサー、ウィグメーカー、香水調合師組合」のマスターに任命される。
    1999
    カナダのトロントに支店をオープン。
  • 写真5
    2000
    April
    世界最古の理髪店としてギネスブックに認定される。
    2000
    –2003
    ブランドを再構築し、現代向けに再開発したグルーミンググッズやコスメがハロッズやフォートナム&メイソン、フェンウィックといったロンドンの高級百貨店で販売され成功する。これを機に北米マーケットへの進出に乗り出す。
    2004
    199周年記念を迎える前日にラスベガス店オープン。レオナルド・ディ・カプリオやマシュー・ブロードリックといったハリウッドスターが来店し、瞬く間に成功。
    2005
    10月27日、200周年記念を祝うレセプションを開催。エディンバラ公フィリップ王子が出席、記念碑の披露をする。他にも王室のメンバー、英国貴族、大物政治家も出席し華やかな記念パーティーとなる。
    2006
    現代のジェントルマンに好まれるモダンレンジを発表。
    ラグジュアリーでコンテンポラリー、使い心地も良いスキンケア商品が揃う。
    2008
    日本市場にも販売開始
トゥルフィットアンドヒルのコンセプト トゥルフィットアンドヒルの顧客リスト